フレクト/リアルタイム車両管理サービスの利用企業100社突破

2019年04月04日 

フレクトは4月3日、同社が提供するリアルタイム車両管理「Cariot(キャリオット)」の利用企業数が100社を突破したと発表した。

リアルタイム車両管理アプリ「Cariot」(=“Car”(クルマ)+“IoT”キャリオット)はシガーソケットにデバイスを差し込むだけで、車両の動態管理を実現することが可能なサービス。

このサービスは、クルマの幅広いデータの取得ができるため、属人的な管理に頼ることが多かった車の情報を可視化し、そのデータを元にコンプライアンス強化、安全性向上、コスト削減や業務効率化をすることが可能。

また、誰とでも車の位置を共有できる「DriveCast」機能を使用することで自社車両の現在位置情報を誰でもアクセスできるURLとして配信し、WEBブラウザで閲覧することが可能になる。

クルマに関わる「見守る人」「乗る人」「待つ人」の3者をなめらかにつなぎ、 これまでの車両管理者だけではなく提供価値の拡大を目指すとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集