学研ロジ/物流ハンディターミナルパッケージが2週間無料

2020年02月20日 

学研ロジスティクスは、物流現場での課題「出荷ミス、棚卸・返品作業コスト削減、業務属人化、トレーサビリティ対応、人手不足」対策として、物流業務支援ハンディパッケージシステム「Gakken i3 Handy」の2週間無料トライアルを実施する。

このシステムは、「物流システムの未導入」「商品間違い・送り状貼り間違いによる出荷ミス」「製造ロット、賞味期限などの手書き・転記対応」「システム導入コスト」「情報システム担当者がいない」などが課題となっている日本国内外すべての物流現場に有効。

<主な導入効果>

導入による主な効果としては、目視による検品のデジタル化で、作業効率の向上や、残業時間の削減、作業の平準化、作業履歴の記録・参照が可能になる。

また、トレーサビリティ管理に用いることで、製造ロットと賞味期限情報の同時収集・活用を実現。棚卸では、リアルタイムに誤差を検出でき、事務作業や現場作業の削減に寄与するほか、返品では良・不良の判定や、大・小仕分け、棚入支援などの作業効率を大幅に改善できる。バーコードなし商品のデジタル検品が可能なOCRスキャンにも対応している。

<トライアル開始までの流れ>

無料トライアルの流れは、下記URLから申し込みした後、担当者への面談で課題をヒヤリングし、解決法を提案。作業環境の把握とトライアル前の技術支援、デモなどの準備を経て、実作業現場での試用に移る。

■無料トライアルの申込受付
https://bit.ly/39g5K0I
※2月末までの申込みで、本契約時の月額利用料が1か月無料

このほかにも、学研ロジスティクスは、学研グループやグループ外顧客300社以上の物流パートナーによるネットワークと、システム開発で培ったノウハウをもとに、ハンディターミナルシステムのスクラッチ開発や、RPAの提案、BPOサービスなどの提案を行っている。

■問い合せ
学研ロジスティクス(担当:長久保/林)
TEL:03-5437-8500
https://bit.ly/39g5K0I

最新ニュース

物流用語集