日米間海上コンテナ輸送量/1月は往航9.2%減、復航3.5%減

2020年02月20日 

デカルト・データマインは2月20日、海上コンテナ貨物輸送に関する1月の日本発米国向け(往航)直航分・トランシップ分実績と、2019年12月と2019年通年の米国発日本向け(復航)実績を発表した。

それによると、日本発米国向け(直航分)は3万4000TEU(前年比9.2%減)となった。

TS分を含む日本発合計(荷受地ベース)は5万TEU(2.6%減)。日本発アジアTS分合計は1万6000TEU(15.2%増)で、TS比率は32.2%だった。日本港湾受け、韓国積みTS分は9000TEU(9.6%減)となり、日本受け貨物全体に占めるTS率は32.2%、韓国TS率は17.8%となった。

また、日本発韓国経由TSは全体が9000TEU(9.6%減)で、博多港が1550TEU(8.6%減)、名古屋港が562TEU(21.9%減)、大阪港が940TEU(32.0%減)となり、主要6大港合計でも6292TEU(7.8%減)と減少した。

日本向け直航分港別の12月実績は全体で5万TEU(3.5%減)となったが、6港合計では4.2%増と主要港の伸びがみられた。特に伸長が顕著だったのは博多港(110.6%増)や大阪港(34.2%増)で、逆に横浜港(19.5%減)や神戸港(1.4%減)は減少した。

2019年通年では、全体で64.4万TEU(0.9%減)と推移し、12月実績と同様に博多港(32.9%増)、大阪港(24.2%増)、名古屋港(11.9%増)と二桁の増加がみられた。

アジア10か国・地域向け(最終仕向地ベース)12月分では、日本は第4位の5万9000TEU(7.1%増)となった。台湾(32.7%増)、マレーシア(43.1%増)、ベトナム(32%増)など、日中韓以外の国向けで伸びが目立った。

一方、2019年通年では、日本は中国に次ぐ2位となった。中国向けは前年比15.8%減と落ち込んだものの、これは米中貿易戦争の影響と思われ、12月分実績と同様にマレーシア(43.7%増)、インド(14.3%増)、ベトナム(16%増)、タイ(16.8%増)向けが増加し、中国向けの落ち込みを補完している。

■問い合わせ
Datamyne Japan 清水邦彦
Email:kshimizu@datamyne.jp
Tel:090-6509-2632
www.datamyne.com

最新ニュース

物流用語集