日本郵船/マイクロプラスチック分布の大規模外洋調査開始

2020年03月06日 

日本郵船は3月6日、船舶を用いて世界中の海でマイクロプラスチックを採取し、分析調査する取り組みを千葉工業大学と共同で実施すると発表した。

<外洋調査のフロー>

日本郵船の750隻の運航船ネットワークを活用して航海中にマイクロプラスチックを採取。マイクロプラスチックについて最先端の研究を行っている千葉工業大学がサンプル分析を行い、マイクロプラスチックのサイズ・分布濃度・経年等が分かるプラゴミマップを作成する。広範にわたる海域でのマイクロプラスチックの実態調査は、世界で初めての取り組み。

<事業の展開>

すでに、3月からトライアルとしてドライバルク船3隻によるサンプリングを開始しており、この結果を受けて順次調査の船種と海域を増やし、サンプル採取方法を確立。サンプリング日時、位置情報、気象海象データ等と分析結果を紐づけてマイクロプラスチックのビッグデータ集積を行い、世界規模の詳細なプラゴミマップの作成を目指す。

日本郵船は、今後の展開として、IoTによる自律航行技術を応用したプラゴミ回収船など、具体的なソリューションによる事業化も視野に入れている。

最新ニュース

物流用語集