商船三井ほか/海から回収のプラスチックをエネルギーへ変換

2021年11月18日 

商船三井と、ノベルジェンが代表を務めるエコトリニティは11月18日、商船三井の運航船に搭載した回収装置で採取したマイクロプラスチックと微細藻類等から炭化物を製造し、エネルギーを得ることに成功した。

<回収したマイクロプラスチック>
20211118mol1 - 商船三井ほか/海から回収のプラスチックをエネルギーへ変換

<回収したプラスチックから取り出したペレットの原材料となる炭化物>
20211118mol2 - 商船三井ほか/海から回収のプラスチックをエネルギーへ変換

今後、炭化物の材料として入れるマイクロプラスチック量を増やせば、得られるエネルギー量も増えるため、今回の実証実験結果から、海洋中のマイクロプラスチックを回収するだけにとどまらず、エネルギーとして活用できる可能性も示すことができた。

商船三井グループは、次世代の地球に生きるすべての生命のために、ステークホルダーとの共創を通して環境課題の解決に取り組む。海洋環境保全、生物多様性保護、大気汚染防止などの重要課題に対し、グループ総力を挙げて、人・社会・地球のサステナブルな発展に貢献し、青い海から豊かな未来をひらく。

また、エコトリニティは、自立分散型のゴミ処理装置とマイクロプラスチック除去技術をコアに安心安全なエネルギー・水・食料を生み出すシステムの社会実装に取り組むとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集