日本梱包運輸倉庫/北海道江別市に0.99万m2の倉庫開発

2020年04月08日 

日本梱包運輸倉庫は4月7日、北海道江別市工栄町において、江別営業所第3倉庫(仮称)建設に伴う地鎮祭を行い、開発に着手した。

<外観予想図>
外観予想図

<鳥観図>
鳥観図

江別営業所は、1991年北海道道央圏に位置する江別市工栄町に第1倉庫を建設し、江別出張所として開設。1996年には江別市角山に第2倉庫を建設し、江別営業所と名称を変更して事業を継続してきた。

地鎮祭を行った第3倉庫は、第1倉庫に隣接し、2階建て、延べ床面積約9900m2を計画し、2021年1月末竣工の予定。

これにより、この営業所は延床面積2万1780m2の倉庫を保有する事業所に拡張し、周辺企業様の物流ニーズはもちろん、同社事業の北海道内の拠点として、道内と本州を結ぶ基幹営業所の役割を担うべく業務範囲、役割を拡大していくとしている。

最新ニュース

物流用語集