NEXCO東日本/横浜横須賀道路の港南台料金所で新型コロナ感染者

2020年04月09日 

NEXCO東日本は4月3日、横浜横須賀道路「港南台料金所」で料金収受を担当する60代男性に、新型コロナウイルスの陽性反応が確認されたと発表した。

<港南台料金所位置図>

この男性は、横浜新道「川上料金所」で新型コロナウイルスへの感染が確認された20代男性の同居家族だった。3月30日から自宅待機していたが、4月1日に同居家族がPCR検査で陽性と判明したため、保健所からの指示でPCR検査を実施した結果、4月2日に陽性と判明した。

なお、港南台料金所では、この60代男性のほか、同日に勤務した料金収受員13名(現在は自宅待機中)についても料金所ブースで料金収受業務を行っていたことから、当面の間、原則、ETCレーンの無線走行車のみに利用を限定している。

最新ニュース

物流用語集