コカ・コーラ/西日本豪雨で被災、広島の自動倉庫が最新技術で復旧

2020年04月27日 

コカ・コーラ ボトラーズジャパンは4月27日、2018年7月の西日本豪雨の被害を受けて稼動を停止していた広島県三原市の本郷自動倉庫の改修を完了し、稼働を再開した。

<本郷自動倉庫外観>

20200427cocacola 520x390 - コカ・コーラ/西日本豪雨で被災、広島の自動倉庫が最新技術で復旧

<内観>

20200427cocacola1 520x390 - コカ・コーラ/西日本豪雨で被災、広島の自動倉庫が最新技術で復旧

本郷自動倉庫は、戦略的な物流ネットワーク改革を推進する「新生プロジェクト」の中で、中国・四国エリア内での製品保管・供給の中核となる日本でもここにしか存在しない高さ50mの高層自動倉庫。西日本豪雨による河川の氾濫で浸水し機能を停止していたが、最新技術を導入して修復し、被災前と同様の保管可能数量1万2000パレットで稼働を再開した。

コカ・コーラ ボトラーズジャパンのブルース・ハーバートSCM本部長は「自動倉庫の復旧は、本郷物流センターの業務再開で最大の課題だった。西日本豪雨からの復興に向けて6月には新広島工場の稼働を控えている。自動倉庫の再稼働によって新広島工場の製品を保管することが可能になり、中国・四国エリアへの安定した製品供給を実現できる」とコメントした。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集