東大阪市/CBcloudが買い物代行に向けて、市内のニーズを視察

2020年05月26日 

東大阪市は5月26日、CBcloudががPickGo ドライバー登録数1万5000名を活かした「買い物代行サービス」を東大阪市を中心にサービス展開を検討していることから、東大阪市長を5月27日に表敬訪問し、市内のニーズを視察すると発表した。

ITを活用し運送業界での新たな価値の創出を目指す CBcloudは、2020年4月より、プロの配達ドライバーによる買い物代行サービス「PickGo 買い物代行」の提供を大阪府を含む7都府県で開始している。さらに2020年5月14日、コロナ禍での経済活動の冷え込みに直面する地域の個店をサポートするため、大阪府と連携を開始することを発表。

新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」の中での買い物支援及び生活の質向上、そしてITを活用した地域経済活性化に向け、東大阪市内の個店・商 店街へ公民一体となったサポートを開始することを前提に東大阪市長を訪問するもの。

また、CBcloudは、緊急事態宣言解除後の市内の商店街や個店を実際に訪問し、街の声や状況、ニーズを把握し、市内で展開するサービスに 反映していく予定だ。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集