オープンロジ/医療機関にマスク・防護服寄付を物流面で協力

2020年05月29日 

オープンロジは5月29日、新型コロナウイルス感染症が世界的に蔓延する中、とりわけ医療レベルのマスク・防護服の不足は深刻な状況となっていることから、医療機関へのそれらの寄付を物流面でサポートしたと発表した。

寄付に動いたのは、マーキュリアインベストメント。新型コロナウイルス感染症による苦境を共に乗り越えていきたいという応援の思いを込めて、日本看護協会を通じ、医療機関に対してマスク1万枚・防護服100着を寄付することにしたものだ。

マスク及び防護服は、マーキュリアインベストメントの投資先・関係先の中国企業などの協力で確保し、各医療機関への配送はオープンロジが実施した。

オープンロジは、物流という社会インフラの担い手として関係各所と社員の安全に配慮して事業を継続させるとともに、引き続き、医療機関をはじめ必要とされる人々に対してのサービスの提供・サポートを実施していく、としている。

最新ニュース

物流用語集