国交省/加工食品物流、取引環境と長時間労働でガイドライン

2020年05月29日 

国土交通省は5月29日、加工食品物流の大きな改善へ踏み出すため、「荷主と運送事業者の協力による取引環境と長時間労働の改善に向けたガイドライン 加工食品物流編」を策定したと発表した。

<現状と課題、解決の方向性・具体的な解決方策>
現状と課題、解決の方向性・具体的な解決方策

現在、ドライバー不足が大きな課題となっているトラック運送業において、加工食品物流では長時間の荷待ちや手積み・手卸しによる荷役作業、非効率な検品作業等の課題が顕在。トラック運送事業者、発着荷主等の関係者が連携して、取引慣行上の課題も含めてサプライチェーン全体で早急に解決を図っていく必要があるとしている。

そこで、国交省で調査の結果、加工食品は荷待ち件数が特に多い輸送分野であることが判明したことから、トラック運送事業者及び発着荷主が参画して長時間労働の改善を図るための懇談会を設置・開催し、課題の整理及び解決策の検討を行ってきた。

懇談会での検討の結果、「受発注条件の見直し」「荷待ち時間の削減」「荷役時間の削減」「検品時間の削減」が課題解決のために取り組むべき内容として整理され、具体的な取組事例も盛り込んだガイドラインとして取りまとめたもの。

ガイドラインの主な内容では、本編で「加工食品分野における現状・課題、現状のボトルネックの把握方法」「課題に対する解決の方向性・具体的な解決方策」を掲載している。

■荷主と運送事業者の協力による取引環境と長時間労働の改善に向けたガイドライン 加工食品物流編(PDF形式)
https://www.mlit.go.jp/report/press/content/001346091.pdf

最新ニュース

物流用語集