ヤマトグローバル/京都市伏見区に美術品専用倉庫開設

2020年05月29日 

ヤマトホールディングスは5月29日、ヤマトグローバルロジスティクスジャパン(YGL)がヤマトグループの京都物流ターミナル内に、美術品専用の恒温恒湿倉庫「京都美術品支店 横大路倉庫」を6月1日付で開設すると発表した。

<新倉庫を開設した京都物流ターミナル>

<内観>

新倉庫は、YGLの全国5拠点目、京都府内2拠点目の美術品専用倉庫となる。既存倉庫の一画に空調機器や消火設備を設置し、美術品の保管に対応可能な環境を整えた。

京都には美術館や博物館、寺院などが貴重な美術品や文化財を数多く所有しており、文化庁が2022年度以降に移転を予定するなど、美術品保管ニーズの高まりが見込まれているため、新倉庫の開設によって近隣府県を含むニーズに対応する。

■施設概要
所在地:京都市伏見区(ヤマトグループ京都物流ターミナル内)
倉庫面積:500m2
温度管理:22℃DB±2℃
湿度管理:55%RH±5%
消火設備:不活性ガス消火設備(窒素ガス仕様)
セキュリティ:有人及び24時間機械警備、防犯カメラ遠隔管理、認証カード入室
保管条件:短期~長期まで1BOX(1m×1m×2mH)から対応
開設:6月1日

最新ニュース

物流用語集