Hacobu/6月11日、冷凍・冷蔵倉庫の入出荷業務効率化セミナー

2020年06月02日 

Hacobuは6月11日、オンラインで「冷凍・冷蔵倉庫向け トラック予約・受付システム活用 入出荷業務効率化セミナー」を開催する。

冷凍・冷蔵倉庫の入出荷業務を効率化するためには、「HACCPに準拠した入館管理が求められる」「SKU数の多い伝票をトラック到着の度に、突合させなければならない」「1台毎の荷積み荷卸し作業時間は短いが、台数が多い」「倉庫が締め切られているため、トラック待機場の様子を確認することが難しい」といった前提をもとにシステム活用を考える必要がある。

今回のセミナーでは、冷凍・冷蔵倉庫に適したトラック予約・受付システムの活用について、冷凍・冷蔵倉庫の入出荷業務効率化をサポートしてきた講師がデモや事例を交えて解説する。

■開催概要
日時:6月11日(木)14:00~14:45
場所:オンライン ※Zoomウェビナーを使用
対象:物流センター運営に携わる方(現場、 企画部門など)
参加費:無料

■参加登録者特典
・セミナー動画オンデマンド配信受講可能
・冷凍冷蔵業界導入事例集をプレゼント
・講師より物流拠点のオンライン診断サービスを受けることが可能

■詳細・申込
https://www.go.movo.co.jp/BP-LE-2020-06-11Event_LP-Registration.html

■講師
Hacobuコマーシャル営業本部
島田 佳祐

大学卒業後、株式会社イノベンチャーにおいて法人営業に従事し企画立案、納品手配までを経験。納品時に商品の配送情報を迅速に入手することが出来ずトラブルとなったことがきっかけで物流業界の変革を志す。Hacobu社内で、最も多くの冷凍・冷蔵倉庫へ直接足を運び、現場を熟知するスペシャリスト。

Hacobuコマーシャル営業本部
長谷川 幸佑

大学卒業後システム・インテグレーション会社へ就職、法人営業としてERPやWMSの提供に携わる中で物流の奥深さに魅力を感じ、業界全体の課題解決へ取り組む株式会社Hacobuへ参画。これまで複数の小売系、医薬系を含む冷凍・冷蔵倉庫へシステム導入提案~安定稼働のサポートに従事。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集