川崎汽船/グループ環境アワード2020表彰を実施

2020年06月08日 

川崎汽船は6月8日、「“K”Line Group 環境アワード2020」表彰を6月5日に開催したと発表した。

<授賞式の様子>
授賞式の様子

このアワードは、「“K”LINE 環境ビジョン2050」で定めた方向性のもと、川崎汽船グループで働く役職員が取り組む優れた環境保全貢献活動を表彰するもの。

2015年の創設から6回目を迎えた今回も、国内外のグループ会社から多数の応募があり、「独創性」「難易度」「環境貢献度」「継続性」「波及性」等の観点から選定された最優秀賞1件、優秀賞6件の活動が、明珍幸一社長によって表彰された。

■表彰
最優秀賞 (1件)
海洋環境整備船が広島湾で回収した西日本豪雨発生時の浮遊ごみ・流木等の陸揚げ作業支援活動(シーゲートコーポレーション)
優秀賞 (5件、順不同)
「大井2号ターミナルにおけるガントリークレーン駐機方法改善によるタグボート使用回数の削減」
ダイトーコーポレーション
「地域密着型の海岸清掃による海洋環境保全活動」
“K” Line Chile Ltda
「オフィスで環境に配慮した慣行についての意識向上」
“K” Line Pte Ltd
「使い捨て黒色プラスチックゴミ袋をエコバッグに切り替え」
“K” Line Container Service (Thailand) Ltd.
「食品の再配布」
Century Distribution Systems, Inc. (Hong Kong)
「事故撲滅、環境保全、業務効率性の全体レベルを高める業務改善運動」

最新ニュース

物流用語集