JMU/VLCC「APHRODITE」引渡し

2020年06月16日 

ジャパン マリンユナイテッド(JMU)は6月15日、熊本県の有明事業所でSUN ENTERPRISES向けに建造していたVLCC「APHRODITE(アフロディーテ)」を引渡した。

<APHRODITE>

APHRODITEは、次世代省エネ船「Gシリーズ」のVLCCの9番船。VLCCとしてはコンパクトな船型でありながら、浅喫水時の載貨重量最大化を追求し、マラッカ海峡通峡を含む東西トレードに対応できるフレキシビリティーを有している。

また、SOxスクラバーやSCRシステム、バラスト水処理装置のほか、独自の省エネデバイスを採用し、環境性能を向上させることで、各種規制への適合を図っている。

■主要目
全長:330.0m
幅:60.00m
深さ:28.35m
喫水:21.58m
載貨重量:30万2109トン
総トン数:15万7208
主機関:MAN B&W 7G80ME-C9.5-HPSCR ディーゼル機関1基
定員:30名
船級:ABS
船籍:バハマ

最新ニュース

物流用語集