九州大雨の影響/熊本豪雨で大きな被害、九州全域で物流に影響

2020年07月06日 

九州各地は停滞する梅雨前線の影響で、7月4日から九州全域から西日本にかけて大雨となり、特に熊本県では豪雨となり、大きな被害が報告されている。

ヤマト運輸は7月6日9時段階で、7月4日に発生した大雨やそれにともなう河川の氾濫などの影響により、熊本県の一部エリアにおいて、集荷・配達業務と同社営業所の窓口受付業務を休止していたが、7月5日より下記のエリアを除き業務を再開している。

休止エリアは人吉市全域、球磨郡球磨村、水上村、五木村、水俣市深川、久木野、葦北郡芦北町、津奈木町、八代市の坂本町、泉町。

佐川急便は7月6日9時現在として、九州地方での大雨の影響により、熊本県、鹿児島県の地域で、荷物の集荷・配達業務を見合わせているとしている。

見合わせ地域は、熊本県の人吉市(一部)、八代市(一部)、球磨郡(一部)、芦北郡(全域)、鹿児島県の鹿屋市(全域)、志布志市(全域)、垂水市(全域)、肝属郡(全域)となっている。

日本通運では、7月6日8時現在として、九州地方を中心とした大雨の影響により、広範囲にわたり集配の見合わせが発生しているとしているとしている。集配不能地域は、熊本県の人吉市、球磨郡、葦北郡、水俣市、八代市(日奈久町、坂本町)としている。

岡山県貨物運送は7月6日、九州地区豪雨の影響により、熊本県の八代市坂本町、泉町、東陽町、人吉市、水俣市、球磨郡、葦北郡の各地区で集荷・配達を見合わせている。

福山通運は7月6日、九州地方大雨の影響により、熊本県の八代市 坂本町、球磨郡全域、人吉市全域、葦北郡芦北町(一部地域)で集荷・配達を見合わせている。また、道路状況等で九州地域において一部配達の遅延が発生する可能性がるとしている。

日本郵便は7月6日、熊本県の窓口休止郵便局として、人吉市の人吉郵便局、人吉七日町郵便局、林温泉郵便局、人吉城本簡易郵便局、球磨郡球磨村の渡郵便局、神瀬郵便局、一勝地郵便局、葦北郡芦北町の芦北郵便局、吉尾郵便局、海浦簡易郵便局、小田浦簡易郵便局、女島簡易郵便局、八代市の坂本郵便局、上松求麻郵便局、百済来郵便局、下松求麻簡易郵便局、葦北郡津奈木町の平国簡易郵便局、天草市の茂串簡易郵便局を挙げている。

また、ゆうパック等については、人吉市、球磨郡山江村、磨郡相良村、葦北郡芦北町の一部、八代市の一部で引受けを停止。郵便物については、通常どおり引受けを行っているが、大幅な遅れが発生している。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集