商船三井/特許取得、省エネバルブ・フィン舵を共同開発

2020年07月09日 

商船三井のグループ会社である商船三井テクノトレードは7月9日、商船三井、ジャパンハムワージ(JHC)、三井造船昭島研究所と共同で、プロペラ装着型省エネ装置PBCFと省エネバルブ・フィン舵に関する研究開発を行っているが、省エネバルブ・フィン舵単独で5%を超える省エネ効果を確認したと発表した。

<CFDによる右舷・左舷の圧力分布(青色部分は負圧領域を、赤色は正圧領域を示す)>
CFDによる右舷・左舷の圧力分布(青色部分は負圧領域を、赤色は正圧領域を示す)

省エネバルブ・フィン舵の開発にあたっては、シリング舵など高揚力舵の専門メーカーのJHCの舵効きを活かし、省エネ性(馬力改善)を高めたもの。

特徴には、プロペラの旋回流を回収する為、リアクション形状を高推力翼型としラダーホーンも捻じっている。(省エネバルブ・フィン舵は負圧が際立ち、推進力増加に寄与している)。また、舵下の端板を小型にして抵抗を減らすとともに、プロペラ旋回流を塞き止めている。さらに、中央の大型バルブも正面をフラットとして、プロペラ流入速度を抑えプロペラ効率を高めている。

一般的な肥大船船型として公開され、各種研究開発で広く用いられているJBC(Japan Bulk Carrier)船型において、通常のリアクション舵では4%以上の馬力改善は難しいところ、この開発品においては、CFD(数値流体力学)によって通常舵比5.7%、大型水槽による自航試験で5.2%の馬力改善が確認できた。

痩せ型船型に対してもこの開発品を適用してCFDで4.4%の省エネ効果が確認できており、今後は最適化作業を行ったうえで、水槽試験を実施予定だ。

今後の実船搭載に向け、PBCF(プロペラボスキャップフィン)のトルク低減効果との相乗効果も狙い、さらなる効率改善に取り組んでいく。なお、この省エネバルブ・フィン舵は特許を取得している。

最新ニュース

物流用語集