日立ソリューションズ/グローバルSCMシミュレーションを提供

2020年07月15日 

日立ソリューションズは7月15日、サプライチェーンのデジタルツインを構築し、製造プロセスの改善を支援するクラウドサービス「グローバルSCMシミュレーションサービス」を提供開始した。

<画面でシナリオを提示したイメージ(BIツールを利用した例)>
画面でシナリオを提示したイメージ(BIツールを利用した例)

このサービスは、顧客が設定した売上や利益などの目標値を実現するために、生産・販売計画、物流拠点の統廃合、生産拠点の新設など多様な目的で、最適な生産拠点や生産量、販売量、トータルコストなどをシミュレーションできるもの。

設備や需要、輸送、為替・関税などの情報とIoTデータから数理的最適化手法で算出し、帳票や画面で複数のシナリオの目標値の達成状況を提示する。

このサービスは、日立製作所が提供するOT(制御・運用技術)と ITを融合し先進のデジタル技術を活用するLumadaの製造業向けソリューションに適用されている。

活用事例には、「需要量の変動に応じた生産・販売計画、利益・キャッシュフローのシミュレーション」「働き方改革に伴う、 物流拠点の統廃合のシミュレーション」「新たに参入する地域での生産拠点、調達経路のシミュレーション」等がある。

提供価格は、 初期設定、基本サービス、オプション一式で個別見積となる。

最新ニュース

物流用語集