環境省/東京港大井ふ頭でヒアリ1500匹発見

2020年07月15日 

環境省は7月14日、東京港の大井ふ頭内でヒアリ1500個体以上が確認されたと発表した。

<確認されたヒアリ>

<発見場所>

確認された個体は、全てヒアリの働きアリ。

環境省が実施する全国港湾調査の東京港大井ふ頭内での調査で、7月10日に土中に出入りする個体が発見され、専門家による同定の結果、13日にヒアリであることが確認された。

環境省では、引き続き、発見場所で目視やトラップによる調査・防除を東京都と協力して実施していく。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集