山九/稼働中のプラントでドローンによる可燃性物質検査実施

2020年07月15日 

山九は7月15日、ドローンメーカーであるルーチェサーチと山九グループの日本工業検査との3社で、稼働中のプラントにおける飛行ドローンを使用した検査を実施したと発表した。

<検査飛行の模様(ドローンは赤枠内) >
検査飛行の模様(ドローンは赤枠内)

<使用したドローン>
使用したドローン

検査実施日は3月25日。

この検査は日本ゼオン水島工場の配管ラックを、赤外線ガス検知カメラを搭載したドローンを使用して可燃性物質漏洩検知スクリーニング検査をしたという内容で、飛行ドローンによる検査を稼働中のプラントで行った事例は国内初となる。この検査の成功により、今後はプラント設備の可燃性物質の漏洩といった不具合を、時間を要していた高所においても迅速に検知することが可能となり、処置までの時間を大幅に短縮、ひいては保安・保全の品質向上に繋がる、としている。

山九は2018年10月よりドローンサービスプロバイダー事業の検討を開始しており、実務に即した展開を実施・検証している。ドローンによるスクリーニング検査は、高経年化したプラントの状態監視、経過観察を短時間で効率的かつ定期的に実施することができ、設備保全上必要不可欠となる高度な保安が可能となる。

また、「スーパー認定事業者(特定認定事業者)」の認定要件である IoT、ビッグデータの活用を満たすことも可能となる。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集