SGHD/子会社3社合併でグループフォーメーションを再編

2020年08月17日 

SGホールディングスは8月17日、子会社のSGシステム(SGS)、佐川フィナンシャル(SGF)、SGエキスパート(SGE)の3社について、10月1日付でSGSを存続会社とした合併を実施すると発表した。

<組織図>
組織図

具体的には、SGホールディングスグループのIT基盤の構築や戦略を担うSGSを軸に、SGFの決済機能、SGEのシェアードサービスの機能を集約、これらにIT・新技術を基盤とした更なる進化を追求し、唯一無二の価値を提供するITソリューションカンパニーとして顧客への新たなソリューション創出の基盤構築を目指す。

また、圧倒的な機能性・効率性を有するバックオフィス体制を構築し、新生活様式(ニューノーマル)に対応できる場所・時間を選ばないセキュアな業務環境を担保しつつ、社内システムへのアクセスを容易にすることで新しい働き方の創出を目指し、グループの持続的な成長に貢献かるとしている。

再編により期待する効果として、金融や決済・BPO事業とITの連携を強化させ、新たな事業領域を開発。IT、シェアードサービス等の機能を有機的に統合させることにより、バックオフィス業務を高度化・効率化させ、唯一無二の価値を提供するITソリューションカンパニーとして、グループ内外に対してより高度なサービスを提供することが可能。

また、決済や管理業務などグループのバックオフィス業務にITを融合、会社の垣根を取り払うことで新しい生活様式に対応できる働き方を抜本的に解決できるセキュアなシステム構築を目指す。キャリアプランの選択肢が拡大することで従業員のキャリア支援を拡充。

そして、「重複業務の整理」「組織・人員の最適化」「拠点の最適化」等によるコストの削減を挙げている。

■再編後の会社概要(予定)
会社名:SGシステム
本社所在地:京都市南区上鳥羽角田町25
従業員数:約2700名

最新ニュース

物流用語集