オルビス、流通サービス/埼玉県の物流拠点にAGV330台導入

2020年08月25日 

オルビスと流通サービスは8月25日、流通サービスの騎西物流センター内にあるオルビス東日本流通センターに、中国のロボットメーカーZhejiang LiBiao Robot製のAGVをプラスオートメーションを通じて導入し、稼働を開始した。

<オルビスの流通センターが入居する流通サービス騎西物流センター>

<導入したAGV>

AGVは、オルビスと流通サービス、椿本チエインが2018年から検討を重ねて開発した集荷から方面別仕分けまでを独自に自動化した「T-Carry system」の一部として導入した。

「T-Carry system」は、AGVを最大限活用し、1オーダーに対して1台のAGVを割り当て、集荷から検査梱包までの一連の流れを遂行。また、従来は手作業だった封函、方面別仕分けを9種の全配送箱サイズを自動判別する日本最速クラスの自動封函機、自動方面別仕分け機で行う。

計330台のAGVがそれぞれAI技術を活用した優れた制御システムから指示を受け、集荷~検査・梱包作業場所まで最適なルートで走行し循環する仕組み。

導入したことで、化粧品商材のEC出荷用ラインの人員を27%削減するとともに、出荷能力を従来比30%増の1時間あたり2400件に増強。また、「待たせない・歩かせない・持たせない・考えさせない」ピッキングによって作業員の労働負荷を低減したほか、作業の効率化によって生み出した時間を就労環境の改善に向けた施策などに充てることが可能になった。

「T-Carry system」には、ポーラ・オルビスグループのDECENCIA(ディセンシア)の通販商品の出荷作業も統合し、9月14日から同システムによる出荷を開始する予定。

■流通サービス騎西物流センター概要
所在地:埼玉県加須市鴻茎3200-1
延床面積:4万1655.9m2(うちオルビス・DECENCIA使用面積1万2632.4m2)
構造・規模:耐火耐震建築物 地上4階建て
交通:東北自動車道「加須IC」8km

最新ニュース

物流用語集