日通/インドネシア現地法人がハラール認証取得

2020年08月27日 

日本通運は8月27日、インドネシアの現地法人、NEXロジスティクスインドネシアが、7月に、ゴーベル工業団地にある「ブカシロジスティクスセンター」で、インドネシアのハラール認証機関であるインドネシア・ウラマー評議会 食料・薬品・化粧品研究所(LPPOM-MUI)からハラール認証を取得したと発表した。

<ブカシロジスティクスセンター>
ブカシロジスティクスセンター

<倉庫内空調エリア>
倉庫内空調エリア

NEXロジスティクスインドネシアによる認証取得は、「デルタマスロジスティクスセンター」に続き2拠点目となる。

認証を取得した「ブカシロジスティクスセンター」は、倉庫内に冷凍・冷蔵・定温施設を完備しており、あらゆる温度帯でハラール製品の保管が可能となる。

また同国では、NEXロジスティクスインドネシアと合わせて、同社グループ3社がハラール認証を取得しており、航空・海運フォワーディング、倉庫保管および配送までの包括的なハラール物流サービスの提供が可能だ。

<日本通運のハラール物流ロゴ>
日本通運のハラール物流ロゴ

■施設概要
名称:NEXロジスティクスインドネシア ブカシロジスティクスセンター
(PT. NEX LOGISTICS INDONESIA BEKASI LOGISTICS CENTER)
住所 :GOBEL INDUSTRIAL ESTATE, JL. TEUKU UMAR KM 44, RT 002 / RW 05, TELEGA ASIH,
CIKARANG BARAT, KAB. BEKASI 17530 WEST JAVA, INDONESIA
倉庫面積:4万5800m2 (冷凍200m2、冷蔵700m2、低温1847m2含む)

最新ニュース

物流用語集