ヤマト運輸/個人取引サイト対象に、ネコポスを3㎝の厚さに拡大

2020年09月09日 

ヤマト運輸は9月9日、個人間取引サイト(フリマ・オークションサイト)などの事業者を対象に、10月1日から「ネコポス」の取り扱いサイズを現行の厚さ2.5㎝以内から3.0㎝以内に拡大すると発表した。

<変更サイズ>
変更サイズ

対象の顧客は、ヤマト運輸との配送連携 API を利用の事業者のサイトで、商品を購入、発送する個人の顧客 (サイト例:メルカリ、ヤフオク!、PayPay フリマなど)。

背景となったのは、新型コロナウイルス感染拡大の影響でEC需要が高まる中、事業者からの商品購入に加え、フリマ・オークションサイトなど、個人間取引を利用する顧客が急増。

そのためヤマト運輸のポスト投函型サービス「ネコポス」も取扱量が急増し、特にポスト投函による非対面での受け取りを希望する顧客から高い評価を得ている。その一方で、様々な商材を購入、出品したいという顧客から、厚さ2.5㎝を超える商品にも「ネコポス」を利用したいという声を多数寄せられていたもの。

開始日は10月1日発送分から。今後、引き続き拡大が予想される EC による個人間取引市場に対して、出品者、購入者双方にとってより安心で利便性の高いサービスの提供を目指していくとしている。

なお、「ネコポス」とは、宅急便レベルの翌日配達のスピード輸送と、配達時のタイムリーな情報提供で受け取りの利便性を高めた、法人の顧客向けの「小さな荷物」のポスト投函型サービス。通販事業者などの法人や各種団体、個人事業主の顧客に、ヤマト運輸と契約した上で使える商品。

最新ニュース

物流用語集