三井物産SDなど/物流業など向けのセキュリティ対策支援で協業

2020年09月09日 

三井物産セキュアディレクション(MBSD)とTMIプライバシー&セキュリティコンサルティング(TMIPS)は9月8日、製造業・物流業や個人情報を多く持つ大手企業向けのセキュリティ対策支援で協業すると発表した。

MBSDは、ランサムウェアへの知見やマルウェアの分析技術、長年培ってきたサイバーセキュリティのナレッジと対応策のノウハウ等、高度なサイバー攻撃対策に強みを持つ。

一方、TMIPSはTMI総合法律事務所で提供するリーガルサービスを通じて培ったデータ活用とサイバーセキュリティに関する法的知見をベースに技術的知見を融合することで、データ活用とセキュリティの多様なニーズに機動的に応える先進的なサービスを提供している。

協業により、TMIPSが提供する新しいサイバー攻撃の手口など最新の脅威動向、同業他社のサイバーインシデント事案、これに関する法的知見を踏まえてガバナンス体制を構築する「サイバーセキュリティ体制構築支援サービス」と、MBSDの持つ高度なサイバーセキュリティ技術・ノウハウといった専門技術的知見を融合し、今後顧客に対してより包括的で実践的なサービスを開発・提供していく。

最新ニュース

物流用語集