SOUCO/アマゾン等、新型コロナがロジスティクスに及ぼした影響

2020年09月14日 

SOUCOは9月14日、ホワイトペーパー(白書)として、 「米国大手企業決算発表調査 -2020年上半期に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)がサプライチェーンとロジスティクスに及ぼした影響-」を公開した。

<SOUCOのホワイトペーパー>
SOUCOのホワイトペーパー

新型コロナウィルス(COVID-19)のパンデミックはこの数か月間、 産業界、社会、個人に甚大な影響を及ぼしてきた。米国でのサプライチェーンとロジスティクス業界も例外ではなく、その明暗は企業によって分かれている。

このホワイトペーパーは、 2020年上半期、サプライチェーンおよびロジスティクス関連企業の業績に及ぼした影響を、UPS、FedEx、 C.H.Robinson、Amazonの決算発表内容を中心にまとめたもの。

それぞれの企業の第1四半期、第2四半期の業績に続いて、イノベーションの影響を、ドローン配送、非接触サービス、ロボット工学、デジタルトランスフォーメーション、自動運転車等から解説している。

ホワイトペーパーは、メールアドレス等簡単な登録で、誰でもダウンロードできる。

■ライブラリーサイト
https://corporate.souco.space/library/#whitepaper

最新ニュース

物流用語集