サガミHDなど中部・北陸圏外食10社/調達・物流などで協力

2020年10月12日 

サガミホールディングスは10月8日、中部・北陸地区で外食・サービス業を営む有志企業9社と、「共創 和や会(なごやかい)」を設立した。

会のメンバーは、サガミHDのほか、歌行燈、木曽路、JBイレブン、スガキコシステムズ、杉本食肉産業、マリノなど計10社。各社は、調達や物流といった関節分野で協力し合うことで、コスト改善や新たな付加価値創造に寄与していく。

また、コロナ禍で「新しい生活様式」が浸透する中で食サービスの「安全」と「安心」に向けて、業界各社が新しい基準を「共に創りあげる」ため、各社が協力できる部分で協力するといった、緩やかな連帯組織を目指す。

最新ニュース

物流用語集