福山通運/萩原工業と「災害時の相互協力に関する協定書」締結

2020年10月21日 

福山通運と萩原工業は10月20日、災害発生時に両社が協力して緊急物資支援の輸送を円滑に取り組むことを定めた「災害時の相互協力に関する協定書」を締結した。

<福山通運の小丸社長(左)と萩原工業の浅野社長(右)>
福山通運の小丸社長(左)と萩原工業の浅野社長(右)

地震や台風などの天災により、その地域住民が避難などを行う機会も増加している。今回の協定で両社が有事の際に迅速に物資を輸送して支援活動に貢献することができ、さらに防災意識の向上を図ることができるとしている。

協定書の概要では、災害発生時、荻原工業は支援物資の輸送を福山通運に依頼し、福山通運はこれに輸送協力をする。物資の種類は、ブルーシート、土のう袋。福山通運と荻原工業は災害発生時の連絡体制を整え、被災地の情報を共有する、としている。

最新ニュース

物流用語集