ボッシュ/商用車向け効率的なパワートレインソリューション提供

2020年10月21日 

ボッシュは10月21日、すべての車両クラスにおいてクライメートニュートラルな輸送の実現に貢献したいと考えており、内燃機関やバッテリーEV、燃料電池に至るまで、さまざまな種類の効率的なパワートレインを開発しているとし、商用車向けの効率的な様々なパワートレインソリューションを提供していると発表した。

<ボッシュの商用車の道路輸送のイメージ>
ボッシュの商用車の道路輸送のイメージ

物資やサービスに対する需要が着実に増加していることを考えると、 配送車両や小売業者およびその他中小企業が存在しない市街地を想像するのは困難。そのため、住民と環境にできる限り負荷をかけない先進的なパワートレインが社会から求められている。

ボッシュの電動パワートレインソリューション「eCityTruck」は、ゼロローカルエミッション(地域内における排気ガスゼロ)の低騒音走行を実現する。「eCityTruck」には、電気モーター、パワーエレクトロニクス、トランスミッションをコンパクトに一体化したeAxleで構成されるコンパクトモジュールと、トランスミッションを含まない電気駆動モジュールの、2つのバージョンが用意されている。

いずれのソリューションも簡単に組み込むことができ、重量が最大7.5トンまでの小型商用車に対応。バッテリーの設計次第で、最大200kmの走行が可能であり、1日あたりの配送ルートの多くが80km未満であることを考慮すると、1回の充電で十分に走行可能であることを意味する。

「ボッシュは、モジュラー式のeCityTruckにより、経済的でコンパクト、そして効率的な電動化パワートレインを実現する」と、ボッシュのパワートレイン ソリューション事業部長Uwe Gackstatterは述べている。 ボッシュはこのようにして、 マスマーケット向けに電動トラックの準備を進めている。

ボッシュは、郊外での商用車の電動化も推進している。たとえば、中型トラックと大型トラックに加え、市内バス、長距離バス、それに特殊用途向けに電動パワートレインソリューション「eRegioTruck」を提供している。

「eRegioTruck」のコンセプトは、半径約250km圏内の地域交通を可能な限り経済的で効率的にするうえで重要な役割を果たすとともに、低騒音とゼロローカルエミッションも同時に実現する。このシステムソリューションは、電気モーター、インバーター、および車両制御ユニットで構成されている。コンパクトな電気モーターは、トポロジーに応じて別体の電気ユニットとしてトランスミッションと組み合わせる、またはアクティブコンポーネントとしてリジッドアクスルに組み込むことも可能。

長距離輸送ルートを走る車両は、その長い走行距離と運搬する重量ゆえに、CO2排出量の削減の可能性がとりわけ大きくなる。ボッシュは、世界中すべての顧客のニーズに合わせて、動力源がディーゼル、天然ガス、バッテリー、あるいは燃料電池でも、最適なパワートレインソリューションを提供する。

さらに、ボッシュは現在、内燃機関における水素利用の技術課題を調査しており、この技術の市場性を検討している。今日使われているエンジン技術と既存の車両アーキテクチャは、すでにこの取り組みを発展させるための確固たる土台となっているとしている。

最新ニュース

物流用語集