SBSリコー/神奈川県厚木市に5.7万m2の物流センター新設

2020年10月26日 

SBSリコーロジスティクスは10月26日、神奈川県厚木市の森の里東土地区画整備事業地内に「物流センター厚木森の里(仮称)」を新設すると発表した。

<物流センター厚木森の里(仮称)完成イメージ>
DPL厚木森の里

新施設は、大和ハウス工業が開発する物流施設「DPL厚木森の里」の全棟を賃借し、2022年5月の開設を予定している。

敷地面積は3万2000m2、建屋は耐震構造の地上6階建てで、SBSリコーロジスティクスは倉庫と事務所で計5万7400m2のスペースを使用し、3PL事業や流通加工サービスを提供する。

建設地は東名高速道路「厚木IC」から7.5km、小田急小田原線「本厚木駅」と「愛甲石田駅」から4kmの立地で、北西1km地点には厚木秦野道路「(仮称)森の里IC」が開設予定など、首都圏へのアクセス向上が著しいエリア。

東日本のハブ拠点として適した立地で、化粧品・医薬部外品や特定医療機器の取り扱いにも対応する。

トラックバースは建物1階部分に10トン車50台分を完備。高床・低床の両面バースとし、高効率な荷役作業を実現する。

■物流センター厚木森の里(仮称)の概要
建設地:神奈川県厚木市森の里東土地区画整備事業地内B工区-6区画
構造:地上6階(2F、4Fは事務所のみ)、耐震構造
敷地面積:3万1997m2
使用スペース:5万7393.56m2(倉庫5万4583.93m2、事務所2809.63m2)
梁下有効高:倉庫5.5m、事務所2.5m
床荷重:倉庫1.5t/m2、事務所300kg/m2
トラックバース:約50台(10t車)
搬送機器:貨物用エレベータ(4.0t)×4基、垂直搬送機(1.0t)×3基
セキュリティー:倉庫全体、機械警備・監視カメラ
開設:2022年5月(予定)

最新ニュース

物流用語集