三菱商事ほか/LNGトラック向け小型LNG充填設備を共同開発

2020年10月28日 

三菱商事と、エア・ウォーターは10月27日、LNGを燃料とする大型トラック向けに、物流施設内の限られたスペースに設置可能な小型LNG充填設備を共同開発したと発表した。

<小型LNG充填設備と大型LNGトラック>
小型LNG充填設備と大型LNGトラック

この設備は、日本で初めての可搬型の充填設備であり、且つ、停電時にもトラックへのLNG充填が可能となる自家発電設備を搭載した世界初のシステム。加えて、排熱回収温水を循環利用することで、寒冷地や湿度が高い地域における氷結トラブルを回避することが可能だ。

三菱商事とエア・ウォーターはこの設備の商用化に向けて、いすゞ自動車の大型LNGトラック1台と、イタリア製の大型LNGトラック2台を用いて、2020年11月より北海道での実証試験を開始する。両社は、北海道電力の協力を得て、この設備の有効性および大型LNGトラック実走行時におけるCO2排出量と燃料費の削減効果を確認の上、事業化の検討を行っていく。

日本においては、現状、大型LNGトラックが商用化されておらず、大型トラックの大半は、ディーゼルを燃料としており(約50万台)、CO2排出量の削減が求められている。大型LNGトラックは、電気自動車や燃料電池車では達成が難しい1000㎞以上の長距離走行が可能となり、従来の大型軽油トラックに比べて、10%程度以上のCO2排出量削減が期待できる。加えて、将来的にCO2フリーのLNGを使用するなど、CO2の更なる削減策についても検討していくとしている。

なお、この設備の商用化にあたり、三菱商事の1969年以降幅広く展開しているLNG事業およびその他の事業ポートフォリオの知見と、エア・ウォーターのLNGタンクローリーやサテライト供給設備などのLNG関連の開発・製造技術や物流ネットワークを有効的に活用する。

この事業は環境負荷の低いクリーンなエネルギーへの転換の取組みの一つであり、両社は低・脱炭素社会の実現に向けて、2020年代半ばを目標に、設備の設置と競争力ある自動車用LNG供給を全国展開していくことを構想している。

最新ニュース

物流用語集