鴻池運輸/10月から抗菌・抗ウイルス施工サービス事業開始

2020年11月09日 

鴻池運輸は11月9日、消臭・抗菌・防カビ・抗ウイルスなどに効果を発揮する触媒機能を持つ「空気触媒セルフィールを製造し、抗菌・抗ウイルス施工などを行うニチリンケミカルと、10月19日に施工代理店契約を締結し、抗菌・抗ウイルス施工サービス事業を開始したと発表した。

<セルフィール施工済認証シール(左)抗菌施工風景(右)>
セルフィール施工済認証シール(左)抗菌施工風景(右)

セルフィールの抗菌・抗ウイルス施工は、ニチリンケミカル社による専門の研修を受講した施工技士による管理のもと、壁や天井などに直接噴霧するため、さまざまな特長と相まって施工時間も比較的短いという利点がある。

その特長には「空気中の水分に反応し有害物質を無害化する成分を生成する触媒機能を持ち、光触媒と異なり、光(紫外線)が届きにくい場所・空間でも効果を発揮」「効果は、5年程度の長期間持続可能」「人体に対して無害なため、幼稚園や病院での施工実績も多数」「抗菌対象となる素材を選ばず、ほぼどんなものにも施工可能」がある。

現在、新型コロナウイルスの世界的蔓延を受け、特に公共設備やサービス業界などを中心に人が多く集まる場所への抗菌・抗ウイルス施工のニーズが非常に高まりを見せており、今後もさらに拡大すると予想されている。

なお、鴻池運輸は長年にわたり食品製造や医療、空港などの顧客の現場での業務請負サービスを展開しており、これらの多数の現場を中心とした施工サービスをはじめ、さまざまな顧客や地域社会からの要望に応えるべく、この施工代理店契約に至ったもの。

契約締結後は社内に発足した専門チームが施工技術者の育成に注力、手始めに KONOIKE グループ内の各種社内施設への抗菌・抗ウイルス施工から展開し、2021年1月以降をめどに、顧客の現場や一般企業などに向けたサービスの提供開始を予定している。

最新ニュース

物流用語集