プロロジス/都市型物流施設「プロロジスアーバン東京品川1」公開

2020年11月18日 

プロロジスは11月18日、プロロジスが新規開発を進めている都市型物流施設「プロロジスアーバン東京品川1」を公開した。

<プロロジスアーバン東京品川1>
プロロジスアーバン東京品川1

<プロロジスアーバン東京品川1入口付近>
プロロジスアーバン東京品川1入口付近

<改装中の3階部分>
改装中の3階部分

<1階のヤマト運輸事務所>
1階のヤマト運輸事務所

この日は、東京都足立区でも「プロロジスアーバン東京足立1」を竣工したばかり。計画ではこのほか、「プロロジスアーバン東京足立2」を建設中でこの3つのマルチユース施設を今後展開することになる。

「プロロジスアーバン東京品川1」は、6月末にすべての改修工事が完了し、すでに顧客による運用が始まっているが、7月1日から正式稼働となっている。

現在、ヤマト運輸が利用する1階部分をはじめ、3階の100坪を残して、満床状況だ。

1階には10tトラックが着車可能な荷捌きスペースを備えるほか、プロロジス初の試みとして、3・4階の入居企業にプロロジスのパートナー企業による館内物流のサービスを提供し、荷物の入出庫を代行。5・6階の入居企業は、区画専用の荷物用エレベーターを利用することができる。

<プロロジスの山田御酒社長>
プロロジスの山田御酒社長

プロロジスの山田御酒社長は「EC需要の拡大に伴い、ラストワンマイルの問題は大きくなっている。そのEコマースの最終集配施設としてプロロジスアーバンを提案した。都市部郊外の巨大な先進的物流施設と都市部を結ぶ本当の意味でのラストワンマイル物流施設として提供していきたい。また、単なる倉庫としての使い方から、さまざまな用途で使えるものとしたい。コンセプトを顧客との今後のキャッチボールで進化させていくつもりだ」と期待を述べた。

この間の入居の問い合わせ等では、倉庫利用以外の用途も多かったという。コールセンターやスポーツセンター、フィットネスセンター、ショールーム、撮影・音楽等のスタジオなど実に多彩。そのため、賃貸面積も当初予定していた広さから、100坪単位の小規模区画で提供するようにしている。また、冷凍冷蔵のアーバンタイプも開発の可能性のあるものという。

■概要
名称:プロロジスアーバン東京品川1
所在地:東京都品川区東品川3 丁目 28-25
敷地面積:8961.96m2
延床面積:2万8186.05m2
構造:地下1階、地上6階建て SRC造
改修完了:2020年6月

最新ニュース

物流用語集