福山通運/小丸交通財団が交通事故防止看板を幼稚園に贈呈

2020年11月24日 

福山通運は11月21日、小丸交通財団が広島県福山市の幼稚園のぞみ学園 天使幼稚園に「横断歩行者優先!カープ坊やコラボ看板」を11月20日に贈呈したと発表した。

<横断歩行者優先!カープ坊やコラボ看板>
横断歩行者優先!カープ坊やコラボ看板

財団では、子どもや高齢者を中心とした横断歩道での歩行者の交通事故防止で、ドライバーと横断歩行者の意識向上が重要と考えており、今回、そのために広島県で高い人気のプロ野球球団、広島東洋カープをモチーフにしたデザインの看板を作成した。

<贈呈式の様子:(左)小丸交通財団の小丸成洋理事長、天使幼稚園の園児たち(中央)、福山東警察署の政近利久署長>
贈呈式の様子:(左)小丸成洋理事長、天使幼稚園の園児たち(中央)、福山東警察署の政近利久署長

贈呈式では、横断歩道での歩行者優先の意識向上を図る目的で福山東警察署が指導する交通安全教室も実施した。看板は福山市内の幼稚園、保育園、小学校、中学校、高等学校、公民館の約166か所にも配布する予定だ。

最新ニュース

物流用語集