国交省/A6台紙にICタグ貼り付け、車検証の電子化へ

2020年12月08日 
関連キーワード:

国土交通省は12月8日、電子化された自動車検査証の仕様について、総合的に検討した結果、A6サイズ程度の台紙にICタグを貼り付ける方式を採用することにしたと発表した。

<電子車検証のイメージ>
20201208kokkosyo - 国交省/A6台紙にICタグ貼り付け、車検証の電子化へ

国交省では、自動車保有関係手続について、関係省庁と連携し、オンラインで一括した申請手続を可能とするワンストップサービス(OSS)を導入・推進している。さらなる推進に向けて、継続検査等で紙の車検証の受取のために必要となっている運輸支局等への来訪を不要とし、OSSで申請手続を完結することを可能とする、車検証の電子化を実現するため、2018年9月から計11回にわたって、「自動車検査証の電子化に関する検討会」が開催され、2020年6月に「報告書」が公表されたところ。

電子車検証の仕様について、同報告書において、「実際の利活用のニーズを十分に踏まえながらも、ユーザ負担を抑制する観点から、システムのライフサイクルでの費用対効果を十分に勘案しつつ、自動車検査証の電子化を可能な限り低コストで実現することが適当である」とされた。

これを踏まえ、国土交通省は、車検証の電子化に係る全体コストやICチップの空き領域の利活用方策等、あらゆる観点から総合的に検討した結果、A6サイズ程度の台紙にICタグを貼り付ける方式を採用することにしたもの。

今後は、2023年1月に予定している車検証電子化の開始に向けて、関係者と連携しながら、具体的な制度整備や関係システムの構築等に着実に取り組んでいくとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集