ロジランド/埼玉県羽生市で3棟8.5万m2の物流施設開発に着手

2020年12月17日 

ロジランドは12月17日、埼玉県羽生市で大型物流施設「LOGI LAND羽生Ⅰ」「LOGI LAND羽生Ⅱ」「LOGI LAND羽生Ⅲ」の3棟合計で、延床面積約85,000㎡の開発に着手したと発表した。

<「LOGI LAND羽生Ⅰ」外観完成イメージ>
20201216logiland 520x284 - ロジランド/埼玉県羽生市で3棟8.5万m2の物流施設開発に着手

「LOGI LAND羽生Ⅰ」は東武伊勢崎線「南羽生」駅より約1.3㎞、東北自動車道「羽生」ICより約6kmで国道122号線に面しており、「LOGI LAND羽生Ⅱ」及び「LOGI LAND羽生Ⅲ」は東武伊勢崎線「羽生」駅より約2.5㎞、東北自動車道「羽生」ICより約6.5kmで、国道125号線に面し、物流拠点としてのアクセスに優れている。

3棟の建物共通の特徴として、床荷重1.5t/m2、梁下天井有効高5.5m以上、柱スパン10m以上を確保。環境配慮から全館LED照明を採用。

BCP対策として、停電時に倉庫機能の一部をカバーするための非常用発電機を採用。2分割までの分割対応。

3棟共に、市街化調整区域での開発だが、営業倉庫登録可能な物件である。今般、「LOGI LAND羽生Ⅰ」は新築工事に着手し、「LOGI LAND羽生Ⅱ」「LOGI LAND羽生Ⅲ」は開発許可を取得したもの。

今後、ロジランドのコンセプトの一つである、テナントに寄り添った使い勝手の良い物流施設を最適地・適性賃料で、関東、関西、中部、九州を中心に約5000~1万坪の中規模の開発を年間300億円程度手掛けていく方針だ。

■「LOGI LAND羽生Ⅰ」物件概要
所在地:埼玉県羽生市大字須影字下戸ノ内193番1 (地番)
アクセス:東武伊勢崎線「南羽生」駅より約1.3km
 東北自動車道「羽生」ICより約6km
敷地面積:2万1323m2
延床面積:2万4407m2
構造:鉄骨造
規模:地上2階建
着工:2020年11月30日
竣工予定:2021年10月末

■「LOGI LAND羽生Ⅱ」物件概要
所在地:埼玉県羽生市大字下新郷字藤兵衛1951番1(地番)
アクセス:東武伊勢崎線「羽生」駅より約2.4km
 東北自動車道「羽生」ICより約6.5km
敷地面積:1万7321m2
延床面積:2万4998m2
構造:鉄骨造
規模:地上3階建
竣工予定:2022年2月末

■「LOGI LAND羽生Ⅲ」物件概要
所在地:埼玉県羽生市大字小松字悪戸18番(地番)
アクセス:東武伊勢崎線「羽生」駅より約2.6km
 東北自動車道「羽生」ICより約6.7km
敷地面積:1万9673m2
延床面積:3万5828m2
構造:RCS造
規模:地上4階建
竣工予定:2022年夏

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集