LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





ロジランド/福岡県小郡市で延床2.2万m2の「小郡鳥栖インターI」着工

2024年06月17日/物流施設

ロジランドは6月17日、福岡県小郡市で「LOGI LAND小郡鳥栖インターI」に着工したと明らかにした。ロジランドが開発する物流施設としては、九州エリアで1件目。

<LOGI LAND小郡鳥栖インターⅠ 完成イメージ>20240617rogiland1 - ロジランド/福岡県小郡市で延床2.2万m2の「小郡鳥栖インターI」着工

<立地図>20240617rogiland2 - ロジランド/福岡県小郡市で延床2.2万m2の「小郡鳥栖インターI」着工

「LOGI LAND小郡鳥栖インターⅠ」は、長崎自動車道「鳥栖」ICから約2.3km(車で約6分)に位置する。

北部九州の高速道路の結節点となる「鳥栖」JCTを経由し、福岡市内への配送や九州全域をカバーする広域配送拠点に適した立地。

また、西鉄天神大牟田線「西鉄小郡」駅と甘木鉄道「小郡」駅から徒歩圏内にあり、公共交通機関を使った通勤もできる。

自動車通勤にも対応し、敷地内には合計113台の駐車場を用意する計画で、小郡市中心部の住宅地など近隣からの雇用確保が期待できるという。

延床面積は、2万2421.48m2(6782.49坪)。BOXタイプの2階建てで、1棟でも分割でも利用可能。

バースに柱を出さない仕様、多数の従業員に配慮したトイレ設置などのほか、荷物用エレベーター2基と垂直搬送機3基を実装し、階層を2層に抑えた仕様と縦搬送で効率的なオペレーションを実現する計画だ。

特に2024年問題対策では、トラックの待機時間を考慮し、スムーズな荷下ろしや積み込みができるよう44台接車できる広いトラックバースを確保。ランプウェイ型の施設と同程度のバース比率を想定している。

<北側(左)のLOGI LAND小郡鳥栖インターⅠと南側にあるⅡの配置図兼1階平面図>20240617rogiland3 - ロジランド/福岡県小郡市で延床2.2万m2の「小郡鳥栖インターI」着工

なお、「LOGI LAND小郡鳥栖インターⅠ」南側の敷地では「LOGI LAND小郡鳥栖インターII」の計画も進んでいる。

延床面積約3万6027.48m2(1万898.31坪)の両面バースBOXタイプの3階建てで、危険物倉庫の設置など入居企業のニーズや課題に合わせた開発をする予定。

■施設概要
所在地:福岡県小郡市小郡
アクセス:長崎自動車道「鳥栖」ICから約2.km
西鉄天神大牟田線「西鉄小郡」駅から約1.2km

■LOGI LAND 小郡鳥栖インターⅠ
敷地面積:2万545.75m2(6215.08坪)
延床面積:2万2421.48m2(6782.49坪)
構造:鉄骨造
規模:地上2階建
竣工予定:2025年冬頃

■LOGI LAND 小郡鳥栖インターII
敷地面積:2万3430.96m2(7087.86坪)
延床面積:3万6027.48m2(1万898.31坪)
構造:鉄骨造
規模:地上3階建
竣工予定:2026年

関連記事

物流施設に関する最新ニュース

最新ニュース