佐川GL/AutoStoreとピースピッキングロボットの連携検証

2020年12月23日 

SGシステムと佐川グローバルロジスティクス(佐川GL)は12月23日、SGホールディングスグループの次世代型大規模物流センター「Xフロンティア」で、ロボットストレージシステム「AutoStore」とピースピッキングロボット連携の実証実験を実施していると発表した。

<ロボットストレージシステム「AutoStore」>
20201223sagawa - 佐川GL/AutoStoreとピースピッキングロボットの連携検証

<ロボットピースピッキングシステム「RightPick」>
20201223sagawa1 - 佐川GL/AutoStoreとピースピッキングロボットの連携検証

<「AutoStore」とピースピッキングロボットの連携イメージ>
20201223sagawa2 520x396 - 佐川GL/AutoStoreとピースピッキングロボットの連携検証

実証実験は、「AutoStore」の日本における正規販売店であるオカムラと協力して実施。従来は人手で行っていた「AutoStore」への荷物の出し入れを、ピースピッキングロボットを使って自動化する。

実証実験は2つのステップに分割。すでに完了しているSTEP1では人手で行う入庫・出庫作業がピースピッキングロボットの動作特性と合致しているかを確認済み。現在はSTEP2として、業務ライン全体の効率化・省人化、安定した生産性の維持に繋がるかの確認を行っている。

ピースピッキングロボットはオカムラがパートナーシップ契約を締結したRightHand Robotics社のロボットピースピッキングシステム「RightPick(ライトピック)」を使用しており、機械学習によるマスターフリーの自律ピッキングの実現も確認済みだ。

「AutoStore」とピースピッキングロボットの自動連携は国内で実運用の例が無く、実現すれば初の事例となる。Xフロンティアの「AutoStore」は佐川GLが2021年3月の稼働予定で導入しており、ピースピッキングロボットとの連携によってさらなる機能拡充を図る狙い。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集