日通/羽田空港着の輸入貨物配送サービスに2つの新サービス

2020年12月24日 

日本通運は12月24日、世界各地から羽田空港に到着した貨物を対象とした輸入配送サービス「NEX-FORWARDING あす配羽田」と「NEX-FORWARDING 鉄配羽田」を発売した。

<NEX-FORWARDING あす配羽田のフロー図>
20201224nittsu 520x237 - 日通/羽田空港着の輸入貨物配送サービスに2つの新サービス

羽田空港は、国内最大の消費地である東京にあり、関東近郊へ配達を行ううえで、非常に優位な立地にある。また、今年3月から羽田空港の国際線発着枠が拡大し、今後、国際線は大幅に増加することが見込まれている。同社はフォワーダーとして唯一、羽田空港内に国内・国際貨物の双方を取り扱う作業拠点を運営しており、今年10月から集配拠点を稼働させるなど羽田空港内の事業基盤を強化してきた。今回、羽田空港の立地優位性と同社の強固な事業基盤を活かした輸入配送サービスを提供することになったもの。

「NEX-FORWARDING あす配羽田」のサービス内容は、羽田空港へ19:30までに到着するフライトに搭載された貨物を対象に、フライト到着日に輸入通関を実施。その後、関東近郊の顧客へ最短で翌日午前中にトラックで配送するサービスだ。

このサービスは、羽田空港内で輸入通関、配送用トラックへの積み込みを行う。速やかなオペレーションと国内・国際両拠点のタイムリーな連携により、成田空港到着時と比較し、約半日から1日のリードタイム短縮(当社比)を実現する。混載トラックで配送を行うため、緊急時に貸切トラックを利用する場合と比較し、安価なコストで輸送が可能だ。

「NEX-FORWARDING 鉄配羽田」のサービス内容は、羽田空港に到着する貨物を羽田空港近くの鉄道貨物駅に搬入し、鉄道を利用して日本全国へ配送する、同社ならではのサービスだ。

これにより、トラック輸送と比較して、安価なコストで日本全国へ配送が可能。鉄道輸送は、大量輸送が可能で定時性に優れており、環境負荷が最も少ない輸送手段となる。

日通は、今後も羽田空港の利便性と様々な輸送モードやネットワークを活用し、顧客に新たな価値を提供していくとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集