伊藤忠都市開発/大阪府箕面市に4.1万m2の物流施設を開発

2020年12月24日 

伊藤忠都市開発は12月24日、伊藤忠商事及び山陽電気鉄道と共同で、大阪府箕面市で、「(仮称)アイミッションズパーク箕面」を開発すると発表した。

<アイミッションズパークのロゴ>
20201224itichyutk - 伊藤忠都市開発/大阪府箕面市に4.1万m2の物流施設を開発

この物件は、新名神高速道路「箕面とどろみIC」から約1.5㎞の場所に位置している。2023年度に予定される新名神高速道路の全面開通により、 更なる交通アクセスの利便性向上が期待され、背後に広がる大規模なニュータウンで見込まれる住宅増加により、雇用確保においても有望な立地。

大阪内陸エリアにおける物流施設は需給が逼迫しており、新名神高速道路などの新たな道路整備が進んだことにより物流施設立地の外延化が進んでいる。この物件が所在する「北部大阪都市計画事業 水と緑の健康都市特定土地区画整理事業」エリアにおいても、 複数の物流施設の開発が行われている。

伊藤忠都市開発は、この土地区画整理事業地内にて、「(仮称)箕面森町物流施設」を開発中であり、2棟目の新たなマルチテナント型物流施設として開発するもの。2021年12月の着工、2023年2月の竣工に向け、開発事業の推進及びテナント募集を行っていくとしている。

■概要
名称:(仮称)アイミッションズパーク箕面
所在地:大阪府箕面市森町西2丁目4-1
交通:新名神高速道路「箕面とどろみIC」から約1.5km
敷地面積:約20,166.91m2
延床面積:約4万1520.17m2(予定)
建物構造:鉄骨造 地上4階建 スロープ型物流施設(1・2階バース)(予定)
着工:2021年12月(予定)
竣工:2023年2月(予定)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集