キユーソー流通/11月期の売上高0.6%減、営業利益37.1%減

2021年01月07日 

キユーソー流通システムが1月7日に発表した2020年11月期決算によると、売上高1711億7100万円(前年同期比0.6%減)、営業利益26億100万円(37.1%減)、経常利益26億1100万円(40.0%減)、親会社に帰属する当期純利益7億2800万円(60.3%減)となった。

セグメントごとの業績は、共同物流事業が売上高1134億7400万円(0.7%減)、営業利益8億3900万円(63.0%減)。専用物流事業が513億8900万円(0.8%増)、営業利益14億9100万円(1.1%増)だった。

共同物流事業では、3月以降の急速な消費減退によって業務用食品を中心に出荷物量が減少し減収となり、利益面でも出荷物量の減少や省人化機器への投資が先行したことなどによって前年を下回った。

一方、専用物流事業はコンビニエンスストアや外食需要は落ち込んだものの、チェーンストアなどの新規取引や既存取引の拡大等により売上高、利益ともに前年を上回った。

次期は、売上高1760億円(2.8%増)、営業利益38億円(46.1%増)、経常利益34億円(30.2%増)、親会社に帰属する当期純利益13億5000万円(85.3%増)を見込んでいる。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集