商船三井/Uniper社とのLNG輸送契約向け新造船を竣工

2021年01月26日 

商船三井は1月26日、同社と伊藤忠商事の合弁会社が発注したLNG船「LNG ROSENROT」が1月25日に韓国・大宇造船海洋の玉浦造船所で竣工し、欧州ガス・電力事業最大手のUniper SEの100%出資子会社であるUniper Global Commodities SE社(UGC社)とのLNG輸送契約に投入されたと発表した。

<竣工したLNG ROSENROT>
20210126mol 520x390 - 商船三井/Uniper社とのLNG輸送契約向け新造船を竣工

この船は、2018年7月31日に竣工し UGC社とのLNG輸送契約に従事している、LNG船「LNG SCHNEEWEISSCHEN」(1番船)の姉妹船で、商船三井とUGC社とのLNG輸送契約に従事する2隻目のLNG船。1番船と同様に、この船は天然ガスと燃料油の二元燃料で稼働する低速2ストロークエンジン(Winterthur Gas & Diesel社)を採用することによって主機の燃費を効率化し、環境に配慮したLNG輸送を実現する。

商船三井は、ユニパー社とさらなる関係の深化・発展を図ると共に、世界最大級のLNG船保有・管理会社としてこれまでに培ってきた経験、ノウハウ、ネットワークを活かし、今後も顧客のLNG調達ニーズを的確にとらえ、安全且つ高品質のLNG輸送サービスの提供に積極的に取り組んでいくとしている。

■概要
名称:LNG ROSENROT
全長:297.9m
全幅:47.90m
満載喫水:11.50m
LNGタンク:メンブレン型
貨物タンク容量:18万m3
主機関:X-DF 2機2軸
航海速力:19.5ノット
建造造船所:DSME
船舶管理会社:MOL LNG Transport (Europe) Ltd.
保有比率:商船三井80%、伊藤忠商事20%

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集