川西倉庫/名古屋市港区の事業場で荷役作業員がコロナ感染

2021年02月03日 

川西倉庫は2月3日、名古屋市港区の事業場で従業員1名の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。

この従業員は荷役作業に従事しており、1月24日に同居する家族の新型コロナウイルス感染が判明。同日以降は自宅待機とし、2月1日に保健所の指示でPCR検査を実施した結果、翌2日に陽性反応が確認された。現在も保健所の指示により自宅待機中。社内に濃厚接触者は確認されていない。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集