日本GLP/茨城県常総市でムロオ専用の低温物流施設を着工

2021年02月02日 

日本GLPは2月2日、茨城県常総市で延床面積4万8000m2の先進的物流施設「GLP常総II」の起工式を行い、建設に着手した。

<「GLP常総II」外観完成イメージ>
20210202glp 520x368 - 日本GLP/茨城県常総市でムロオ専用の低温物流施設を着工

「GLP常総II」は、食品等の低温物流事業を手がけるムロオの専用施設として、一棟全体の賃貸借契約を締結している。竣工は2022年3月の予定。

ムロオは、北関東で拡大する業務の集約を進める中、「GLP常総II」を関東エリアの拠点として活用し、冷凍、冷蔵、常温の3温度帯の配送商品を取り扱う予定だ。

施設の開発では、日本GLPとムロオが密に協力し、予定工期の短縮による運営開始の早期化を実現。また、冷凍冷蔵設備導入に関する初期投資について、2社間で最適化を図り、ムロオのニーズに沿った施設を提供する。

設備面では、冷凍冷蔵事業の恒常的な人手不足や、大規模化した倉庫スペースの効率化のため、自動ラック倉庫やマテハン機器などの導入を計画している。

「GLP常総II」は、都心から48km、圏央道「常総IC」から至近の立地。90分以内に北関東3県や東京都、千葉県、埼玉県への配送が可能で、食品加工工場が集積する東北エリアと首都圏を結ぶ食品流通の拠点として良好な立地環境となっている。

「GLP常総II」の起工にあたり、日本GLPの帖佐 義之社長は「GLP常総IIは、関東での広域配送拠点として注目される圏央道エリアに位置する。冷凍冷蔵機能を持つ物流施設への旺盛な需要がみられる中、日本GLPのリピートカスタマーであるムロオにGLP常総IIを専用施設として利用してもらえることを大変嬉しく思う。ムロオのニーズに合わせた最適なフロアオペレーションを可能にする施設を提供し、業容拡大の一助となるよう開発を推進していく」とコメントしている。

■GLP常総IIの概要
建設地:茨城県常総市三坂新田町
敷地面積:4万1000m2
延床面積:4万8000m2
構造:地上2階建て、耐震S造
着工:2021年2月
竣工:2022年3月(予定)
認証取得:CASBEE(新築)認証(予定)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集