GLP/アジア太平洋最大のサステナビリティ・リンク・ローン組成

2021年02月25日 

GLPは2月22日、同社初のサステナビリティ・リンク・ローン(SLL)を組成したと発表した。

このローンでは、参加銀行10行から総額6億5800万米ドルを調達する。これは、アジア太平洋地域のSLLとして最大規模で、融資資金を気候変動の緩和、グリーンビルディングの推進に関連した環境目標の達成に向けて活用する。

このローンは3年間のリボルビング・クレジット・ファシリティ形式。サステイナリティクス社によるGLPの最新のESGリスク評価に連動するSLLとして構成されており、GLPは各種ESG指標でGLPのパフォーマンスを反映するESGリスク評価スコアの向上に努めていく。

特徴としては、目標とするESGパフォーマンススコアの改善を達成した場合、GLPが金利負担軽減を受けることができるという2段階のインセンティブの仕組みを持つ。

初となるSLLの組成について、GLPのグローバル・トレジャラーであるエドウィン・テイ氏は「GLPにとって初となるSLLの規模が、当社がいかにサステナビリティに関する実績を活かしているか、またESGパフォーマンスと財務指標が良好であるかということを証明している。このローンの収益を、我々の資産と当社がビジネスを展開している地域社会のサステナビリティ向上に活用できると期待している」とコメントしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集