大和ハウス/110億円投じ愛知県弥富市に7.8万m2の物流施設着工

2021年03月12日 

大和ハウス工業は3月12日、愛知県弥富市においてマルチテナント型物流施設「DPL名港弥富Ⅱ」を3月15日に着工すると発表した。

<DPL名港弥富Ⅱ完成予想図>
20210312daiwahouse 520x162 - 大和ハウス/110億円投じ愛知県弥富市に7.8万m2の物流施設着工

「DPL 名港弥富Ⅱ」は、東海・北陸地域最大の物流施設「DPL 名港弥富Ⅰ」の隣接地に開発する、マルチテナント型物流施設。

「DPL 名港弥富Ⅱ」は、1フロアあたりの面積が約2.5万m2(1フロア当たりの賃貸面積約2.2万m2)、延床面積が約7.8万m2(「バンテリンドーム ナゴヤ」の約1.6倍)であるマルチテナント型物流施設。

施設は、幅230m、奥行108.5mの地上3階建てで、最大6社(各階2社のテナント企業が入居できる。構内への車両の乗り入れや重機の往来などの物流効率を向上できる低床倉庫を全フロアで採用。また、建物の 1 階両面にバースを設けることで、45フィートトラックが最大99台接車可能となり、荷捌きなどの作業効率を向上できる。

立地面では、中継物流拠点として適した施設。伊勢湾岸道「湾岸弥富IC」まで約0.7kmと東海・中部地域へのアクセスが容易で、名古屋第二環状自動車道「飛島北IC」(開通予定:2021年5月)から約6.5km に位置しているため、名古屋市中心部へのアクセス性も高い立地にある。

この「DPL 名港弥富Ⅱ」では、テナント企業の従業員の働き方改革の支援として、関東や関西方面からのトラックドライバーが常時交代できるよう、24時間稼働を可能にする。

なお、愛知県を中心とする東海地域では、EC(電子商取引)関連の物流量増加を背景に、マルチテナント型物流施設への需要が堅調に推移している。中部圏での物流施設の空室率は減少傾向にあり、中でも愛知県は関東や中部、関西地域をカバーできる中継物流拠点としての役割を果たせるとともに、東海・北陸地域に分散する物流施設を集約する拠点として、今後も根強い需要が見込まれている。

こうした状況に加え、伊勢湾岸自動車道や新名神高速道路などの交通網の開通により、これまでは小牧市周辺を中心とした愛知県内の物流施設開発は、湾岸エリアまで拡大している。そこで同社は、愛知県弥富市においてマルチテナント型物流施設「DPL 名港弥富Ⅰ」に続き、「DPL 名港弥富Ⅱ」を開発することにしたもの。

■「DPL名港弥富Ⅱ」の建物概要
名称:「DPL 名港弥富Ⅱ」
所在地:愛知県弥富市駒野町 1-3
交通:伊勢湾岸道「湾岸弥富IC」まで約0.7km、
近鉄名古屋線「近鉄蟹江」駅まで約10km
敷地面積:5万3020.87m2
延床面積:7万8329.95m2
構造・規模:鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造) 3階建て
設計・施工:フジタ
着工日:2021年3月15日
竣工日:2022年5月31日(予定)
総事業費:約110億円

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集