KCCS/精度向上とより詳細な位置情報サービスを提供開始

2021年03月23日 

京セラコミュニケーションシステムは3月23日、IoTネットワーク「 Sigfox(シグフォックス)」の位置情報サービス「Atlas WiFi(アトラ スワイファイ)」に、「Atlas WiFi Private DB(プライベートデータベース)サービス」を追加し、2021年3月23日から提供開始すると発表した。

<「Atlas WiFi Private DBサービス」>
20210323kccs 520x228 - KCCS/精度向上とより詳細な位置情報サービスを提供開始

Sigfoxの位置測位サービスには、Sigfox基地局をベースにした「Atlas Native(アトラスネイティブ)」とWi-Fiを用いた「Atlas WiFi」がある。「Atlas WiFi」は、Sigfox通信が可能な場所であれば、Wi-Fiアクセス ポイントを活用することで屋内・屋外問わず低消費電力で位置情報を取得できるサービス。

Wi-Fiスキャン機能を持ったSigfoxデバイスがWi-Fiアクセスポイントの MACアドレスをAtlas WiFiデータベースへ送信し、数十メートル精度の位置情報(緯度、経度、想定精度範囲)を取得する。

Private DBサービスは「Atlas WiFi」の拡張サービス。ユーザーが希望するWi-Fiアクセスポイントの緯度経度と付加情報(建物名やフロア情報など)をPrivate DBに登録でき、それらの情報を利用できるようになる。

これにより位置情報の精度向上や、より詳細な位置情報の取得が可能になり、同一敷地内の複数建物間や同一建物内のフロア間、同一フロア内 でのアセットのトラッキングや位置測位などに活用できる。

物流分野をはじめ位置情報を活用するさまざまな分野で、Sigfoxネット ワークを利用しやすくなった。

■「 Atlas WiFi Private DBサービス」のサービスメニュー
Basic(専用モデル):ユーザー専用のデータベースを利用し、Wi-Fiアクセスポイントの管理・運用が可能
Shared(共有モデル):複数のユーザー間でデータベースを共有し、他 ユーザーが登録したWi-Fiアクセスポイントの情報も取得可能

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集