三菱倉庫/インドネシア現地法人がスラバヤ支店開設

2021年03月24日 

三菱倉庫は3月24日、インドネシア現地法人で、国際輸送サービスを展開するP.T. DIA-JAYA FORWARDING INDONESIA(DIA-JAYA)がスラバヤ支店を開設したと発表した。

これまで同社グループは、現地代理店との連携により、スラバヤをはじめとする東ジャワ発着の国際輸送貨物を取り扱ってきたが、ジャカルタに次いで多くの日系企業が進出する同地域でのロジスティクスサービスを強化するため、DIA-JAYAスラバヤ支店を開設したもの。同支店は3月1日から営業を開始している。

DIA-JAYAは、同社がインドネシア資本との合弁で2013年に設立した現地法人で、国際輸送事業、陸上運送事業を展開している。2017年にはインドネシア三菱倉庫会社の配送センター「MM2100 Distribution Center」(西ジャワ州ブカシ県)を起点としたコールドチェーン輸送を開始し、陸上運送事業を拡大している。

スラバヤ近郊では、昨年からインドネシア三菱倉庫が配送センターを運営している。現地法人2社は、DIA-JAYAの支店開設を機に東ジャワでも連携し、倉庫保管から国内輸送、国際輸送まで、高品質な物流サービスをワンストップで提供する。

■DIA-JAYA スラバヤ支店の概要
名称:P.T. DIA-JAYA FORWARDING INDONESIA Surabaya Branch
所在地:Jl. Teluk Kumai Barat No.124-A, Surabaya, Jawa Timur 60165 Indonesia
事業内容:海上・航空フォワーディング、NVOCC、陸上運送
開設:2020年12月21日
営業開始:2021年3月1日
TEL:+62-31-99092880

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集