日野自動車/CASE技術開発に対応の電子性能実験棟を新設

2021年03月25日 

日野自動車は3月25日、自動車用としては世界最大級の電波暗室と最新機器を有する「電子性能実験棟」を羽村工場内に新設し、4月より稼働を開始すると発表した。

<電子性能実験棟外観>
20210325hino1 520x390 - 日野自動車/CASE技術開発に対応の電子性能実験棟を新設

<電波暗室>
20210325hino2 520x267 - 日野自動車/CASE技術開発に対応の電子性能実験棟を新設

先進運転支援システムやCASE技術の進展に伴い、車両に搭載された電子機器から発生するノイズや、他の電子機器が発生する電磁波に対する耐性を測定するため、より高度な電波障害試験設備が必要となっている。

このたび新設した電子性能実験棟は、1辺30mの大型電波暗室に4軸シャシダイナモを導入し、乗用車から大型トラック・バス、さらには建設機械等も対応可能な設備になっている。

最先端の測定技術と設備の導入によって平均試験時間が従来の3分の1以下となり、よりスピーディで効率的な開発支援を実現する。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集