ギークプラス、DHL/業務提携し、出荷効率を40%向上

2021年04月02日 

ギークプラスとDHLサプライチェーンは4月2日、業務提携し、ギークプラスのロボットとDHLの社員がともに作業することで、出荷効率を40%向上したと発表した。

DHLの国内最大級の保守部品倉庫に展開し、両社は、現行の最適化レベルを実現するため、ロボットや工程に微調整をかける前にロボットの稼働率を観察しながら、12か月間にわたり生産性データを回収・分析してきた。

ギークプラスは、受注から発送までの厳しい時間管理、多種多様な商品サイズ・SKUや、DHLの既存の手作業工程などの需要を満たすためにロボット制御システムをカスタマイズし、AIとロボット技術を最大限に活用した。

DHLサプライチェーンのヨンファ(アルフレッド)・ゴー社長(日本・韓国CEO)「私たちはロボットへの投資の最大化を目指していることから、継続的な生産性の改善のためにギークプラスとロボットシェアリングサービス契約を締結できたことは幸運でした。40%の生産性向上は、保守部品の交換や配送の受注から発送までの厳しい時間管理を実現するためにお客様に対し目に見える結果をただちにもたらした」と述べている。

ギークプラスの顧 義祥プロジェクトリーダーは「ギークプラスとDHLのユニークなコラボレーションにより生産性改善に効果のある領域が特定された。これには、ロボット回転効率を最適化する出荷業務タスクの集約化と、荷扱い物量増加に対する出荷能力をロボットシェアリングサービスで補完することが含まれる」と話している。

現在、新型コロナウイルスの影響によるEC出荷量の増加を受け、ロボットの生産性を一段引き上げたいとの要望も高まりつつある。

ギークプラスは複数の引き合いを受けて、繁閑に応じて柔軟な運用を可能にするシェアリングサービスを発表した。このサービスの提供開始は2021年7月を予定している。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集